--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2016.05.17(Tue):未分類
のさわやかな風と共に新学期がおとずれました。
お友だち1人ひとりの旅、1年の物語の始まりです。
旅と物語。
私は、幼稚園のお友だちの1年を2つのキーワードで考えています。

旅とは、自分のいる場所からまだ見ぬ世界への移動(空間・時間・心の動き全ての移動)を通して様々な発見や体験を取り込んでいくようなイメージです。
物語とは、その旅の経験を通して1人ひとりが、時にお友だちや先生と一緒に紡いでいくストーリーです。

年長のクラス名は「ぴーす組」に決まりました。
戦後これほど「戦争ではなく平和」を求め願っている時代はないでしょう。とてもタイムリーな名前になりました。

さて、クラス名を決めるにあたっては大切なルールがあります。
① 今まで名づけられたクラス名は用いない。
(クラス名は、そのクラスの仲間たち唯一のもの。世界に一つだけの花≪名前≫だから)
② キャラクター関係の名前は付けない。(アンパンマン組・ミッフィーちゃんと遊ぼうよ組など)
③ 広がりのある名前を選ぶ。(ピアノ組・タンバリン組よりは、♪おんがく♪・うた組など)

 今年も年主題は、
「あそび・あそぶ・あそぼうから創造(自由)保育へ 
        -みんなの違う輝きが、ひとつとなる瞬間を-」
です。

0才さんからの園生活の中で、じっくりと静かな「遊び(静)」から体も心もどんどん動かし「遊ぶ(動)」姿へ、そしてお友だちも教師も一緒に「遊ぼう」と誘い合い、遊びがダイナミックに変化する瞬間をいっぱい見つけたいと思いこの主題としています。

みんな違う輝きを放つ子どもたちの生活・文化をしっかりと受け止め、固定化されないで自由に創造していく保育を目指して行きます。

子どもの成長は、ただ、「何かが出来るようになった」ではなく(これも大切ですが)、自分で自分らしく挑戦しようとするときの過程で現れる一人ひとりの瞳の輝きと「これでいいんだ」という自信の表情(自己肯定感)が、私達に成長を感じさせてくれるのです。
 
これまで以上に教師たちとメリハリを持ちつつユーモアを大切にしながら過ごしたいと思います。
ユーモアとは、笑いであり、心の余裕であり、人間関係の潤滑油です。
限りないユーモアを子ども達と楽しみたいと思います。
不安のある保護者の方々も、子ども達の成長を、ゆっくり、楽しく、そして、時にはユーモアをもって見守ってください。
 
創造あふれる楽しい1年間をさあ、スタートさせましょう。

Tag:
Comment:0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。